■プロフィール

amanakuni

Author:amanakuni
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
フラガール

2006年 日 120分 李相日 監督
出演:松雪泰子 、豊川悦司 、蒼井優 、山崎静代 、池津祥子 、徳永えり

(あらすじ)
昭和40年、本州最大の炭坑として栄えた常磐炭坑。閉山を目前に、町を救うため「楽園ハワイ」を作ろうと奮闘した人たちがいた。町のため、家族のため、友のため‥‥そして自分の人生のためにフラダンスに挑んだ炭坑娘たちの物語。

(感想)
久しぶりにDVDじゃなくて映画館で映画を見た。いま何を上映してるんかなと思って調べてみたら、これしか見たいのがなかった。見たいと思った理由は好きな俳優が出てることと、しばらく前に出演者の一人のお笑いタレントがTVで宣伝してるのがおかしかったこと。それに名前のない新聞の最近の号でもフラの先生に登場してもらったり、つい最近もハワイ関係のHPを作ったように、多少縁があると感じていたからかな。
で、見てみると‥‥さいきん涙腺がゆるいせいもあるのか何度も泣いてしまった。今年見た映画の中でも一番よかったかも。
これは実際にあった話で、昔、炭坑が斜陽産業となりどんどん首切りが行われていった時代の福島県、常磐炭坑が舞台。生き残るため、何とか新しい仕事をつくり出そうとして常磐ハワイアンセンターというレジャー施設をつくることになる。東北になんでハワイ?という疑問は置いておいて、大きなドーム温室のような建物の中にヤシの木が植えられ、温泉やプール、宿泊施設もあるもので、そこに出演するフラダンスショーのダンサーが募集され、応募した炭坑の娘たちが全くの素人からいっぱしのダンサーとして成長していく‥という筋だ。
話は、雇われて東京からやってきたフラダンスの先生(松雪泰子)と蒼井優(セーラー服かわいい!)他の生徒=炭坑娘たち、そして炭坑は石炭を掘ってればいいんだ、裸を見せてちゃらちゃらするのはとんでもないという親や大人たちと娘達・先生の間などで緊張・軋轢関係があり、それが和解していく中で感動のラストへ‥。
見ていて、昭和40年代の人間関係、特に炭坑町というある種閉鎖的で濃いコミュニティの中での親子や仲間同士のつながりは、今の若い人が見たらびっくりするかもしれないと思った。なぜ日本人はこんなふうに変わってしまったんだろうという気持ちがわいてくる。
たぶんこの映画のためにはじめてフラのレッスンを受けたんだろうけど、蒼井優や松雪泰子の踊りもすばらしかった。
唯一の不満は蒼井優のお兄ちゃん役の炭坑夫・豊川悦司が松雪泰子といい雰囲気になる気配があったのにそのままなんてことなく終わったことくらいかな。やっぱロマンスも必要でしょう。

そういえばずいぶん昔のことだが、舞台の常磐ハワイアンセンターの名前はよく聞いたのを覚えてる。その頃のぼくはそういう施設を何となく軽蔑するような気持ちがあって全く行く気もなかった。でもこの映画を見て、そこをつくるためにどれだけたくさんの人の気持ちが込められていたかを知り、自分の浅はかさ・傲慢さを思い知り、行かなかったことをちょっと後悔している。またDVDになったら見てみたい映画だ。
(この施設は現在も「スパリゾートハワイアンズ」と名前を変えて営業しているそうです)


hulagirl-wall800-600.jpg

スポンサーサイト


映画レビュー | 21:49:03 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

蒼井優
蒼井優蒼井 優(あおい ゆう、1985年8月17日 - )は、福岡県出身の俳優|女優。本名、夏井 優。イトーカンパニー所属。堀越高等学校卒業。日本大学芸術学部演劇学科を2 2007-01-27 Sat 01:51:17 | hanaの部屋

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。