FC2ブログ
 
■プロフィール

amanakuni

Author:amanakuni
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
いのちの祭り2012
9月13日夜〜15日午後には富士山麓ふもとっぱらで催された いのちの祭り2012に行ってきました。

P1270196_20120930151303.jpg
↑これは14日早朝の写真です。昼間は雲で隠れることが多かった富士山です。

いのちの祭りが開かれるのは2000年の鹿島槍いのちの祭り以来で、1988年のさいしょの八ヶ岳いのちの祭り以来24年たちますが、ちょうど龍の年に大きな山の麓で開かれることが多いようです。
88の年はチェルノブイリ原発事故(1986)の深刻な影響が日本でも知れ渡り、また四国電力伊方原発の出力調整実験(チェルノブイリ事故のきっかけになった実験と同じもの)反対で年の初めから反原発の動きが盛り上がり、NO NUKES ONE LOVEがいのちの祭りの合い言葉となりました。
2000年のいのちの祭りはちょうど世紀の変わり目ということで、21世紀の実験場というテーマがありました。
それから12年たった今年はもちろん去年の311福島原発事故により脱原発が盛り上がっています。

P1270252_20120930151302.jpg
↑サーカステントの下で水野みさをさんの古代フラのワーク

今回のいのちの祭りはセブンたちが主催したわけですが、去年の山水人にセブンが参加していたので久しぶりに会い、ぜんぜん変わらない元気な姿を見せてもらいました。(もちろんお互いおじさんになってますが)
88と2000年のいのちの祭りには準備段階から参加していたので、どんな様子だったかはよく覚えていますが、今回のものについてはセブンたちがやるというだけで途中経過はほとんど知りませんでした。
もちろんやるなら少しくらい遠くても行こうと思っていましたが、8月になって参加費がめちゃ高いことに気づき、これはどういう祭りなんだろうという疑問がわいてきました。
そして山水人と長野でのちいさないのちの祭りにも参加してその足で行こうと思っていたのですが、そうすると家を空ける期間が10日以上になりそうで母を一人で留守番させておくのは心配ということもあり、一時は参加しないつもりになっていました。

P1270327.jpg
↑いのちの祭り関係者で亡くなった人達をしのぶ霊界ティピの中

ところがちょうどその間に妹が数日間帰省する予定になったことと、きこりからいのちの祭りでやる企画(いのちの祭りアーカイブス)にスタッフとして協力してと言われたこともあり、それならせっかくなので最初の1、2日だけ様子を見に行ってみようという気になりました。
高額の参加費なので行かないという声をあちこちから聞いていましたが、そういうイベントにどんな人達が参加するんだろうというのも知りたいところでした。
開催時期が近づくにつれ、ゲストチケットなど安い券が出回っているという話とか、山水人関係者(山水人はいのちの祭りに合わせて例年より開催時期を前にずらした)は駐車場などのスタッフをするという条件で?安く入れたという話も聞きました。

P1270140_20120930151304.jpg
↑いのちの祭りアーカイブスの看板が完成

で、僕がいたのは始まる前夜の13日から2日目の午後までのまる1日半ほどでしたが、参加者は広い会場にしたらそれほどは多くないような印象でした。テント村も一つの区画はけっこうたっていましたが、別の区画はすかすかといった具合です。ただし一番人が来そうな週末の土の夕方から月(祝)にはいなかったので、どうだったかはわかりませんが、結果赤字だといううわさも聞きました。それなら最初からもっと入場料を安くして人がたくさん来れるようにすればよかったのに、という声も聞きました。
また特に飲食の店ではプロのてきやさん風の店が多かったのもちょっと違和感がありました。出店料が12万というような話も聞いていたので、それも無理からぬことかもしれません。
なお個人的には、特に東京や関東方面の古い友人達とたくさん再会できて楽しかったです。(山水人などには来ないような人たち)お互い、顔は見覚えあるけど名前が出てこない、というパターンが多かったですが。

P1270289.jpg
↑アーカイブステントの中で懐かしい再会

この祭りの詳細な報告は、ちいさないのちの祭りも含めてずっと参加した咲耶子さんに名前のない新聞に書いてもらう予定です。
ここでは僕がいた時に撮ったビデオを少し紹介します。














スポンサーサイト


ビデオ映像 | 15:26:49 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
以前、「いのちの祭り」に参加された事のある「ウェット・バック」のフィドル奏者、藤川明人さんが11月24日に亡くなられたそうです。
謹んでご冥福をお祈りいたします。
2012-12-16 日 12:28:01 | URL | ごっちゃん [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。