FC2ブログ
 
■プロフィール

amanakuni

Author:amanakuni
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
インディア・メーラー
前回の日記で、またいつの日かバウルの人たちに会って彼らの音楽を聞きたいと書きましたが、1週間後の今日、さっそく会ってきました。(^-^*)
先日(11.6)のライブが今回の来日ツアーの最終公演だったわけですが、インディア・メーラというインドのお祭りにまだ日本に残っていた彼らがゲスト出演したのです。

それも、さいしょの予定では夜に出演する予定だったのに、昼間やる予定だったバンドの到着が遅れるためピンチヒッターで昼間にもやるというので、あわててビデオをかついで行ってきました。
いつも暗いところでばかりビデオを撮っていて画質に不満があったので、前々から昼間の外でやるライブをぜひ撮りたいと思っていたのでした。

P1140221.jpg

今回の会場は神戸の港にあるメリケンパークという公園で、神戸の象徴でもあるポートタワーのすぐそばです。
ほんとはポートタワーのバックには六甲山が見えるはずですが、季節はずれの黄砂のせいか、まったく見えませんでした。

さてインディア・メーラというのはインドのお祭りという意味だそうで、東京ではときどき開催されてるそうですが、関西では初めてとのこと。
インド総領事の人(この人は映画「スラムドッグ&ミリオネア」の原作者だそうです)が関西でもやりたいと言い出して、わずか3ヶ月前に開催を決めたそうです。

神戸には昔からインドの人たちも多く住んでいて、インド料理のお店もたくさんあります。
そのためこの祭りでもインド料理を食べられる出店がたくさんでていて、どれにするか迷う程でした。
また飲食の店だけでなく、インド関係のお店がいっぱいでていました。
ステージでは音楽やダンスのほか、インド人による漫才とかファッションショー、ミュージックコンテスト,伝統芸能などもりだくさん。
でも僕は用事があったので、心残りでしたがバウルが終わるとさっさと帰ってきました。

P1140220.jpg

で、バウルですが、PAのせいかなとも思うのですが、歌がすごくいいと思いました。
4人いる歌手がそれぞれ1曲づつのライブでしたが、みんなよかったです。
また,カズミマキさんが説明してくれる歌の内容も改めていいなと思いました。

「すべての人の中に内なる神がいます。あなたがいるその場所に、その人がいます」
「インドで尊重されているのは、喜びと平和と愛と執着を捨てることです。それがもし達成されれば、喜びに満ちて人生を過ごせます」
「バウルはヒンドゥーの神も認めますが、特定の神さまを拝むことなく、神は自分の内、人それぞれの内にいるとして、それを求めて行をする、そういう道を歩む人をバウルと言います」
ホリボール、ホリボール!

山水人やCAP HOUSEなどでのライブの方が観客はバウルのことをよく知ってたり、バウルの生き方に近く、濃い人たちが圧倒的に多かったと思いますが、神戸市長やインド総領事、商工会議所の人などが挨拶するような今回の祭りでも、意外にバウルの歌はよく響いていました。
今までバウルをYOUTUBEなどでしか見たことのなかった友だちも、映像よりも実物の方がずっとかっこいい!と言ってました。

P1140219.jpg

また僕としても明るいところでビデオを撮れて満足でした。
さっそくDVDに焼いて送ったので、カズミマキさんにチェックしてもらってからまたYOUTUBEにアップしたいと思っています。

で、アップしました。まずは2曲です。

1つめは「Ei Manushe Sei Manush Acche(この人の中にその人がいる)」で、歌い手はNarayan Chandra Adhikary ナラヤン チャンドラ オディカリさんです。




こちらの曲名は「Age Nije Manush Hou Re Mon. Jodi Chao Moner Manusher Doroshon(もし心の人を見たいのなら、まず人と成りなさい。」
歌い手はDin Doyal Dasさんです。




オッケーが出たので動画を2つ追加しました。
日本人でバウルに参加しているカズミマキさんの歌と、リーダーのグルジー(サドン・ポイラギさん)の歌です。
2人には6年前の来日の際にインタビューしたことがあります。






最後まで日本に残っていたマキさんとグルジーも今月1日には日本を離れてベンガルに帰ったそうです。
来年もバウルツアーをやる気まんまんだったそうなので、楽しみにしましょう。
スポンサーサイト


未分類 | 21:35:31 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。