FC2ブログ
 
■プロフィール

amanakuni

Author:amanakuni
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ホテル・ルワンダ
ホテル・ルワンダ

2004年 英/伊/南ア 122分 テリー・ジョージ 監督
出演:ドン・チードル, ソフィー・オコネドー, ホアキン・フェニックス, ニック・ノルティ

内容:
94年にアフリカのルワンダで勃発した民族紛争を描いた社会派ドラマ。悲劇的な状況下のルワンダで、ホテルマン・ポールは避難民たちをホテルにかくまい始める。国連の平和維持軍も頼りにならない中、彼は自分の力で家族、避難民たちを守る決意をする。

感想;
四つ星ホテルの支配人が主人公で、彼(地元のフツ族出身)の目から100日の間に100万人が虐殺されたと言われるルワンダ内戦(フツ族とツチ族の民族紛争)を描いた作品。彼の立場は現地社会ではハイソでいつもネクタイをしめ、いい家に暮らしているが、アフリカの黒人なので結局支配人どまりで、いざとなると白人に裏切られる。それが内戦という極限状況で明らかになってくるのだが、彼の奥さんがツチ族出身ということもあり狂気のような民族間の憎しみ・虐殺の波から家族や近所の人、ホテルに避難してきた人たち1200人を守ろうとありったけの知恵をしぼりコネとお金をかき集めてたちまわる。まるでそれは悪夢を見てるようだった。よく彼がぷっつんと切れてしまわず強い者にはこび、弱い者にはやさしくかばって生き延びていけるものだ。この映画は最後がハッピーエンドで救われたが、実際にはそうじゃないケースの方が圧倒的に多かったんだろうな。
しかし実話に基づいて作られたこの映画は見る人を動かし、最初はアメリカの数館でしか劇場公開されなかったが翌月には2300館で公開される大ヒットとなり、アカデミー賞他多数の映画祭でノミネートされたり受賞している。日本でも公開のめどが立っていなかったが、若者たちを中心にネットで署名運動がおこり、その熱意で緊急公開が実現したという。
重いけれどぜひお勧めしたい映画です。

http://www.hotelrwanda.jp/20061023205248.jpeg

スポンサーサイト


映画レビュー | 20:52:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。