■プロフィール

amanakuni

Author:amanakuni
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
太一やLAST DAYS〜れとろーど祭り2014
友人のとろんが岡山県総社市の町並みの中で開いていたお店「太一や」が閉店する(新天地で来年春から再開するそうですが)というので、見納めに行ってきました。
太一やは総社宮(たぶん由緒ある神社)の参道入り口の斜め向かいくらいにあり、「れとろーど」というレトロな地元商店街に面しています。
その商店街のお祭りが毎年この時期にあり、太一やも参加していて、今年の祭りを最後に店を閉めるそうです。

P1320148-s.jpg

ふだんは人通りもまばらな田舎ののんびりした道なんですが、今日ばかりは子どもからお年寄りまでいっぱいの人が集まってきていました。

P1320127-s.jpg

これは太一やの2階(ここで織物などの展示をしていました)の窓から下のれとろーどを見たところ。
人が行列している先は‥‥

P1320129b-s.jpg

これは太一や1階の店の中から外を見たところ。
とろん(ピンク色の服を着ている)がかき氷を作っていて、それを目当てに客が並んでいます。

P1320181-s.jpg

お店の外。
隣の店から歌声が聞こえてくるのでのぞいてみると‥‥

P1320169-s.jpg

昔なつかしの歌声喫茶です。きっと昔歌っていた人達なんでしょう。
おじいさん、おばあさん達が集まってアコーディオンの演奏で歌っていました。

P1320152-s.jpg

一方、こちらは若者たち。総社高校のブラスバンド部かな。
スウィングガールズ&ボーイズです。
このほかにも何カ所ものところで若者から中年、お年寄りまでがバンド演奏したり歌ったりパフォーマンスを披露していて、それぞれ人の輪ができていました。

P1320139-s.jpg

これは子ども達に昔の遊びを教えているお店。
かなり人気あるようで人だかりしてました。

P1320168-s.jpg

こちらはいかにも手作りの射的場。
このほかにも輪投げなど昔の遊びを子ども達に体験させるお店がいくつもありました。

P1320164-s.jpg

上は総社宮の中。
ふだんは静かな境内ですが、子ども達の書道展が参道に張り出されていて、今日はけっこうな人達が見に来ていました。

P1320133-s.jpg

他にもいろ〜んなお店が出てましたが、きりがないので、最後に太一やの横に出ていた玄さんとひろしのお店を載せます。
玄さんは名前のない新聞の去年の3月号に登場してもらった人で、自分で主催する祭りや各地の祭りで流木を使ったドームをつくるので「流木の玄さん」として知られている人。今日は手彫りで漆塗りの木のスプーンやナイフなどを売る店をだしていて、病気の全快祝いにとツボを押す木の道具をもらいました。どうもありがとう〜!









スポンサーサイト
日記 | 23:46:28 | Trackback(1) | Comments(0)
ピースランド湿気取りボランティアしませんか
今回は友人からフェイスブックに代わりに載せてと頼まれたものです。
このブログに載せると自動的にフェイスブックにもアップされるため、まずはブログに載せます。

以前、岐阜県高山市で名前のない新聞を置いてもらっていたり、ポン祭りを主催したり、ライブ演奏や展覧会などのイベントを開いている子どもの本の店・ピースランドが豪雨による床上浸水の被害をうけたため、支援のカンパを呼びかける話を載せました。
先日、山水人で、その支援カンパをとりまとめてくれている風月のジュンさんに会いましたが、第一回として約6万円をすでに送ったという話を聞きました。また山水人が終わったあと、アリとジュンさんとツアーでピースランドにも行ってライブをするとのことでした。
以下はアリのフェイスブックページから借りた写真です。

10647060_824098787641448_7031895214893490758_n.jpg

上はジュンさんがピースランドの本屋スペースで詩の朗読をしているところ。

10610728_824098060974854_5840042867623416312_n.jpg

本屋スペースで片付けしている中神さん。

10649659_824097677641559_4471156587350776993_n.jpg

水に濡れた本は格安で販売しているそうです。

10610785_824097670974893_2909976616689850561_n.jpg

ギャラリースペースになっている蔵。アキノイサムさんの絵が見えます。
浸水してしまったため、湿気をとるために床がはがされています。

10698637_824097640974896_1576468503532174478_n.jpg

左手がカフェスペースだと思われます。
扇風機をまわして湿気をとろうとしてるようです。

さて、そこでアリ・ジュンさんたちのライブの直前にピースランドに行って片付けを手伝ってきた東京の友人からのメールを紹介します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

先週はピースランドボランティアに行って来たわけですが、けっこうまだまだ大変そうでした。。。
3日間だけでしたが、やること沢山あって帰るのも後ろ髪ひかれる感じで帰って来ました。

まずは湿気とり。倉とカフェスペースの地面に石灰まいて湿気をすわせていたのですが、中神さんの知人の炭屋さんに聞いた所、新聞紙をひいてその上にセメントを薄くまき湿気を吸わせるというのを繰り返すと良いとの事で、早速第一弾をやって帰って来ました。翌日にはセメントが湿気を含んで固まってました。今日、中神さんに聞いたら昨日第二弾をやったそうです。また新聞とセメント回収して、また新聞ひいてセメントまいて、、、の繰り返しは結構しんどい作業です。
時間があれば手伝いに飛んで行きたいところですが。。。
あと、水没したレコードの処理。少し前によく来ていたお客さんが置いて行った大量のレコードやCDが全て水没。ジャケットはもう無理ですが、中身を全部取り出してタオルに挟んで乾かすという作業も残ってました。中神さんは本屋の片付けや他にやることも沢山あって手が回らないので、そのレコードたちは黴びたまま放置されているのかも。これも一人でやるとなると大変な作業です。

どなたかせめて倉とカフェスペースの湿気取りの手伝いをしてくれる方いないかなぁ〜と思ってます。

作業内容・・・倉とカフェスペースにひいてある新聞紙とセメントを回収し、分別。再び新聞紙ひきその上にセメントを薄く撒く。作業時間一人だったら2時間くらい。
       その他まだあれば水没したレコード、CDの処理等。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

実際にどうすればいいのかはピースランドの中神さんに聞いてもらうのが一番早いと思います。
0577 34 5356 ピースランド
岐阜県高山市愛宕町8


(追記:9.22)
中神さんから便りが来たので紹介します。

過分なるお見舞い金、記事の掲載等、お気遣いありがとうございます。
ようやく本が並び、復活のきざしが見えてきました。
奥のスペースは床下が乾かないため、まだ床板を張れない状態ですが、
カフェも仮営業しています。(9.18)


日記 | 13:46:40 | Trackback(0) | Comments(1)
10年目の山水人
9月6,7日の週末にまた山水人に行ってきました。
今年は10年目となる山水人です。

P1310874.jpg

上の写真は山水人に行く途中の道から見た風景です。
鯖街道を北上し、途中の梅の木の交差点を左折してどんどん狭い道を走っていくと、こういったいかにも琵琶湖の水源地だなーという景色がたくさん現れて、もうすぐ山水人だ〜と嬉しくなってきます。

P1310878.jpg


会場に着いたのはお昼頃。
ちょうど守田さんとろくろーくんのトークの最中でした。(上)

先週よりもだいぶテントの数が増えており、どこに建てるか迷いましたが母屋のすぐ近く、映画館テントのすぐ裏に陣取りました。その時、このへんは低いから水がたまりそうだなーという予感はしましたが、どうせ一晩だし、予報では小雨が降るとでていましたが、わりと新しいテントなので大丈夫だろうとたかをくくっていました。

P1310885.jpg

今年は母屋前の広場の反対側、以前はサーカステントがあったりして座談会や映画が上映されていた場所にティピが建ち、メインステージとなっています。
以前のメインステージの真ん前の一等地にもアキのコーヒー屋さん=カフェマヤがありましたが、今年も一等地にカフェマヤが陣取っています。そしてその軒先を借りて?きこりの本屋さんが出店していて、ポンの本なども置いていました。(上の写真)

テント村の中を探検し、友人のアリや風月のジュンさんたちのテントのところでお茶をいただいて一休み。
アリは、自分は晴れ男で、演奏するときはいつも晴れてると自慢げ?に言っていました。
そのあとアリのライブです。

P1310889.jpg

山水人では初ライブ。そして山水人を皮切りに京都市内の店や高山のピースランドを、風月のジュンさんとツアーをする予定とのこと。
ところがアリが何曲か演奏しているうちに雨が降り始め、そのうち豪雨になってしまいました。
youtubeアップずみ。

P1310892.jpg

山水人では毎年のことですが、下が田んぼ状態に。テント村は水びたし状態です。

P1310899.jpg

これは僕のテントです。
床?を押すとふわふわとして池状態なのがわかります。
もしかして朝方にはテントが床上浸水するのではと心配になり、ビデオ機材やシュラフ、衣類などをまた車に運びこみ、夜は車の中で寝ることにしました。
2年ぶりだったせいか山水人を甘く見ていたな〜。

P1310895.jpg

テント村で排水路をつけようとしている人たち。

P1310910.jpg

しかしそんな雨の中でもコンサートは続きます。
これはたしか生活サーカスの演奏で、褌みこしがもりあがっています。

P1310932.jpg

そしてステージでやる予定だった宮崎さゆりさんの詩の朗読は、雨のため母屋の中でやることになりました。
おかげで濡れない場所で落ち着いて聞くことができました。
さいきんつくった「白旗の力」という詩が面白かったので、youtubeにアップしました。

P1310939.jpg

そのあと、もう夜中になっていましたが、きこりのトーク。
1970年代のコミューン運動が盛んだったころのミルキーウェイキャラバンなどの話を、いろいろ当時の資料も見せながら。
福島で農業共同体のグループもぐらに参加し、その後現在の獏原人村をつくって毎年満月祭を行っているマサイや、部族のアキ、山水人をつくった祖牛、ユーゾー、アリ、あきらなども参加し、午前3時ころまで話は続きました。
途中、「花まつり」の映画を見始めましたが、あいにく途中でエラーになってしまいました。

P1310947.jpg

そして朝になってみると、嬉しいことに雨はあがって日が差し始めていました。

P1310956.jpg

母屋前の広場でスタッフミーティング。
今日=最終日の予定や役割を決めていきます。

P1310965.jpg

そのあと、母屋前広場ではいろんなパフォーマンスが。
これは自転車発電しながらその電気でエレキギターを演奏し、歌っている人。

P1310979.jpg

これは内田ボブと水野みさをさんの歌と踊り。

P1310967.jpg

また餅つきもはじまりました。女性や子どもも餅つきをして、ジャンベや自転車発電のギターが応援します。
つきあがった餅はみんなにふるまわれました。

P1310994.jpg

そして最終日のステージが始まります。
最初は山水人初参加、獏原人のマサイが「だまされるんじゃねえ」などの歌を叫びながら歌っていました。
youtubeアップずみ。

P1320009.jpg

お次は水野みさをさんのフラ。
ナナオやゲイリー・スナイダーの前でも踊ったというフラを披露してくれました。
youtubeアップずみ。

P1320015.jpg

そして風月のジュンさんの詩の朗読。
これも叫ぶようにリズミカルな朗読で迫力がありました。
youtubeアップずみ。

P1320045.jpg

これはラビラビ演奏で踊っている人達。
このときが一番盛り上がって人でも多かったと思います。

P1320040.jpg

これはステージ横の川沿いの道。
以前のメインステージの方に通じています。

P1320068.jpg

夕方になって山水人常連のTHE FAMILYのライブです。
途中、山水人10周年ということで祖牛さんに花束贈呈があったり、地元・生杉の区長さんが登場して挨拶する一コマもありました。
youtubeアップずみ。

P1320092.jpg

そして最後のトリは内田ボブ&Friendsの登場。
写真はヤポネシアフリーウェイの曲で水野みさをさんがフラを踊っているところです。
ボブの歌は延々と2時間は続き、その後地元の人達を含めた盆踊りとなりましたが、予定より2時間以上遅くなっていたのでそこまでで山水人を引き上げました。
6日の後半は豪雨となりましたが7日はよく晴れてテントも干して帰れたのでよかったです。
youtubeアップずみ。

この日のTHE FAMILYの演奏の中から彼らの代表的な曲、「平和の唄」に韓国語字幕をつけてアップしました。
ここに追加します。


























日記 | 00:31:13 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。