■プロフィール

amanakuni

Author:amanakuni
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
祝島を描いた映画
山口県上関町にある祝島は、対岸に上関原発がつくられようとしているので注目されています。
「六ヶ所村ラプソディ」の鎌仲ひとみ監督がいま作っている次の映画で祝島を取り上げているのは、名前のない新聞7月号にインタビューした冨田貴史さんの話にも出てきましたが、実はもう1つの祝島をとりあげた映画が制作進行中です。

そのことを知ったのは実は昨日のことです。
チェルノブイリ原発事故のあと、汚染された周辺地域に住み続ける人達を追ったドキュメンタリー映画「ナージャの村」や「アレクセイの泉」をつくった本橋成一さんをご存じの方は多いと思います。
彼は東京・東中野にあるポレポレ座というスペースをもっていて、そこに名前のない新聞を置いてもらっていた関係で、もう20年ほど前に一度会って話した記憶があります。(その頃はまだ映画をつくってなかったと思いますが、以前から写真家として活躍されていました)
その本橋さんが今回はプロデュース役にまわり、纐纈(はなぶさ)あやさんという女性が監督をつとめる映画「祝(ほうり)の島」が製作中だそうです。カメラも女性で、3人ほどの女性チームが祝島に半分住みついて、島の人達の仕事を手伝ったりしながら映画を撮っているそうです。
(写真はモダナークカフェにて纐纈さんと本橋さん)

纐纈さんと本橋さん

「祝の島」は鎌仲さんの映画とはまた少しちがった視点から祝島を写した映画になりそうですし、そんなふうに沢山の人が祝島に注目して作品を発表していけば、それだけ多くの人が祝島や上関原発計画のことを知るわけなので、どちらも応援したいと思います。

「祝の島」は来年秋に完成の予定で進められていて、製作支援を呼びかけています。
映画「祝の島」を応援する会は、製作協力金:一口¥5000で入会となり、撮影報告を兼ねたお便りが送られるそうです。(郵便振替口座:00180-1-357684)
また完成まではまだ1年以上ありますが、ラッシュの上映会を各地で開きたいとのことで、この7月21日には神戸のモダナークカフェでpm8から上映予定です。その前後に大阪でもやるそうですし、9月に滋賀県で開かれるお祭り・山水人でも上映したいと思っています。
上映スケジュールなどはブログ映画「祝の島」製作奮闘日記に情報が出るんじゃないかと思います。


なお本橋さんが監督でつくった最新作「バオバブの記憶」という映画と本橋さんの写真展
も神戸で上映されます。
●7月18日(土)~31日(金) pm13:00/pm16:50
●新開地・神戸アートビレッジセンター(JR神戸駅~10分/新開地駅~3分)078-512-5500 
●前売り¥1300/当日¥1500(学生¥1300/シニア¥1000/木曜日はモクワリ一律¥1000)
*なお26日(日)は上映前に監督の舞台挨拶があります。
*写真展も同時開催 無料
*本橋さんの「ポレポレタイムス社」サイトは:http://polepoletimes.jp/

バオバブの記憶



スポンサーサイト
未分類 | 15:03:31 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。