■プロフィール

amanakuni

Author:amanakuni
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
紅葉
今年の紅葉は例年より早いような気がします。この数年、紅葉というと12月に入ってからのような気がしていましたが、今年はもう近所のイチョウ並木もすっかり黄色にそまっています。
また近くの森林植物園は紅葉が見頃になっているというので、晴れた昨日、母と出かけてみました。
下の写真は森林植物園に向かうイチョウ並木。むこうに見えてるのが六甲山です。

CIMG2325.jpg

森林植物園は平日なのに紅葉をめあてに来る人がいっぱいで、駐車場も車がぎっしり。
はじめて奥の方の駐車場に止めることになりました。
そこからつづくメタセコイアの並木道はオレンジ色に染まっていました。

CIMG2332.jpg

これはシアトルの森という広場にあるモミジバフウ?という高い木です。上の方だけ葉っぱが残っていて、風でひらひらしてきれいです。

CIMG2343.jpg

シアトルの森から長谷池に向かって降りていく山道からはモミジの紅葉と常緑樹の緑、それに黄色い葉も入り交じって見渡せて天然の錦絵のようです。

CIMG2353.jpg

長谷池のまわりにはたくさんのモミジの木が生えていて、すっかり紅葉しています。

CIMG2357.jpg

水面に赤や黄色の色が写ってきれいでした。

CIMG2367.jpg

三脚やカメラを持ったおばあさんの集団や、スケッチブックを広げているおじいさん達もいて池のまわりはにぎやかでした。

CIMG2364.jpg






スポンサーサイト
未分類 | 15:24:44 | Trackback(0) | Comments(3)
コウノトリ
先月末のよく晴れた日、豊岡に行くついでにコウノトリを見に行ってきました。
ご存じのように、日本で絶滅が心配されていた代表的な鳥類にはアホウドリとトキ、それにコウノトリがいましたが、アホウドリについては名前のない新聞でも以前登場してもらった長谷川先生の努力により回復しつつあり、トキは中国から連れてきて繁殖させ、放鳥できる段階にまでなりました。
コウノトリはすでに試験放鳥をはじめて3年目になり、豊岡近辺では姿がよく見かけられるまでになりました。実際、日帰りで行ったこの時も、飼育をしているコウノトリの郷公園からかなり離れたところでも2度ほど空を飛んでいるのを見かけましたし、また豊岡郊外の円山川でエサをとっている?姿も見かけました。

CIMG2001.jpg

ここがコウノトリの飼育・繁殖などを行っているコウノトリの郷公園。
http://www.stork.u-hyogo.ac.jp/index.php
9月現在でヒナを含め約100羽がいるそうです。

CIMG1976.jpg

思ったよりたくさんいたのでびっくり。

CIMG1980.jpg

周りをフェンスで囲まれた棚田のような場所にいますが、実は上から舞い降りてくるコウノトリを何度も見たので、フェンスはたぶん人間とか動物が入れないようにしてるみたいです。

CIMG1989.jpg

空を飛ぶ鳥を見てると、理屈抜きに幸せな気分になります。
(もっともヒッチコックの「鳥」は怖かったけど)
小鳥もかわいいし、猛禽類はかっこいいなーと思うし、コウノトリのような大きいけれども平和な鳥を見てるといつまでも見飽きません。

CIMG1981.jpg

コウノトリは鳴かないそうですが、ときどき上を向いてくちばしをカタカタカタと鳴らします。
(写真真ん中)ご機嫌なんでしょうか。(^▽^)

CIMG2009.jpg

コウノトリが昔のように野生で生きていけるためには、えさとなるドジョウやカエルなどが生息できる田んぼや川、それに巣になる高い木が茂る山林が必要であり、そのような自然環境は人間にとっても住みよい環境であるという考えから、無農薬米を栽培する田んぼを増やすなどの努力をしているそうです。

CIMG2012.jpg



日記 | 22:48:36 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。